ダイエットと減量の違い

簡単にできるダイエットというのは、昔からいろいろあり、現在もかなりの数のダイエット法が流行り続けています。ではなぜいくつもの簡単ダイエットがでてくるのでしょう?それはどれもが正しいダイエットではなく、減量法だったからです。減量とダイエット、同じような言葉のように感じますが、日本においてはまったく違う意味になります。

減量は体重を落とすことであり、ダイエットとは健康的に痩せるということです。減量はとにかく体重を落とすことで、その手段は問いません。過激な減量は体調を崩すことがありますが、ダイエットは体調を崩してしまってはすでにダイエットではないのです。健康で痩せていけば体調を維持することになり、そのスタイルはあまり変化しません。ですが減量は体重を落としさえすればよいのですから、スタイルは無視してもかまわないし、目標に達しさえすれば完了します。つまりその時点で完了することになり、終了後はリバウンドしやすいのです。

正しくダイエットを行いたいのであれば、フィットネスクラブをお勧めします。ただ体を動かすだけならばお勧めはしません。ダイエットという目標があるからこそお勧めするのです。その最大の理由は専門家の存在です。ただ運動のためであるならば、ジョギングやウォーキングでも構わないのですが、フィットネスクラブは運動の専門家であり、食事に関しても指導を行えます。食事、つまり体の内部から変えることにより、体質改善も行え、より効果的なダイエットが可能になってくるのです。